エクセルシャノン樹脂サッシ トリプルシャノンIIs/IIx

開口部の重要性と、シャノンウィンドの有効性

熱の多くが「窓」から出入りしています。
一般的な住宅では、窓からの熱の出入りが極端に多く、
せっかく冷暖房で室内を快適温度にしても
窓からどんどん熱が失われてしまいます。
窓を強化することが快適な住まいへの近道です。

ファームハウスでは日本でトップクラスの断熱性能値を持つ
エクセルシャノン 樹脂サッシ
「トリプルシャノンIIs/IIx 性能ダブルLow-Eトリプルガラス」
「シャノンウインドIIs 性能アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」
を標準採用しています。

ポイント

1、Low-E
窓ガラスの中でも、
夏の遮熱、冬の断熱効果を高める効果のあるガラスです。

2、アルゴンガス入り
ガラス空気層に空気と比べて熱伝導率が約30%も低いアルゴンガスを標準封入。
窓の断熱効果をより高めています。

3、性能ウォームエッジスペーサーを採用
アルミスペーサーより断熱性能が高いウォームエッジスペーサーを採用することで、
熱橋及びガラス端部の結露を抑制します。
※熱橋とは、屋内と外部の熱を伝えてしまう現象で、熱損失や結露等の原因となります。

4、堅牢厚さ2.5mm以上の堅牢フレーム

フレームの構造体となる外周部は、2.5mm以上の厚さで成型しています。
これは、「公共建築工事標準仕様書」ならびに、
「木造建築工事標準仕様書」に適合した堅牢な強い樹脂サッシです。

ただ単にエクセルシャノンを導入すればよいというわけではありません。
窓の性能を生かしながら、冬はあたたかい日があたり、
夏は強い日差しが入らない、
そんな自然を最大限に生かした設計と高性能樹脂サッシの融合で
最高のパッシブ住宅が完成いたしました。