六適工法「無敵の家」®

六適工法「無敵の家」®とは?

超気密・超断熱を備え、耐震・耐久・省エネ、温度湿度バリアフリーの全てを兼ねそろえた超高性能住宅です。
省エネから創エネへと、これからの時代をリードするパッシブの考えに基づく暮らしをお届けします。

六つの快適ポイント

1、適光

太陽の高度は夏至と冬至で違います。
建築場所の正確な情報で太陽の動きを計算し建物へ差し込む太陽熱を夏は遮断し、
冬は取り込む事で室内の温度の調整を行います。気象庁データや衛星写真と連動し、周囲の環境も考慮。
窓や入口、軒の長さや建物自体の角度など細かく計算し、それぞれの土地や地域に合ったベストな位置を計算します。
また、室内に入った光もコントロール。人が心地よく感じる光の反射率は50〜60%といわれています。
無垢材を贅沢に使うことで、木目の自然な凹凸が有害な紫外線を吸収し、心地よい空間を形成します。

2、適密


全ての室温を一定にする気密性。国土交通省の次世代省エネルギー基準をはるかに越える省エネ性能をもたらします。
当社では、外部の検査機関で気密検査を実施し、中間、お引渡し前の完成時の2回測定します。
当社で施工した2017年度戸建て新築のC値平均は「0.2cm2/m2」でした。寒冷地で2.0、一般で5.0cm2/m2と言われています。
見えないところこそ、私たちは手を抜きません。
3、適湿


室内の湿度を40%〜60%にすることでカビの繁殖、喉の粘膜の乾燥を防ぎ、アレルゲンの影響を最小限にします。
窓には樹脂サッシを使用し、セルロースファイバーの調湿効果により結露がしにくくなります。
4、適風


一軒一軒のお土地に合わせた周囲の気象庁のデータをもとに、季節に応じた風の流れを計算した設計を行います。
また、吹き抜けや階段、窓を利用して室内の風の「循環」と「創風」を計画します。
お客様のライフスタイルや居住地域に適した夏涼しく、冬温かい「風」をコントロールします。
5、適材


夏の暑さはうだるよう、冬は体の芯から冷えてくる…そんな厳しい日本の気候風土に、人々は千年以上かけ木材と共に適応してきました。
天然素材である「木材」は呼吸による非常に優れた調湿作用を持ち、湿気を好むカビやダニが繁殖しにくい環境を作ります。
また、ヒノキなどの木は抗菌・防虫効果に優れた天然物質を含んでおり、木そのものがカビやダニを寄せつけないという性質を持ちます。
視覚効果や木のぬくもりだけでない、木が持つ本来の性能を家づくりに最大限に生かしました。

 

6、適温


暖かい部屋から冷えきったお風呂やトイレなどに移動したとき血圧や脈拍が急上昇する、ヒートショック現象が原因で亡くなる方は、交通事故の死亡者より多く、年間1万7000人以上といわれます。
また、急激な温度変化はアトピーの肌のかゆみや、肌荒れや乾燥などの原因にもなります。
大切なのは、ただ一部のお部屋を暖めるのではなく家の中の温度差をなくすことです。
無敵の家では、セルロースファイバーという魔法の断熱材でおうちをまるごとすっぽり包みこみ、外気温の影響をシャットアウトします。
気密・断熱のシナジーで、家中の温度バリアフリーを実現します。

 

 

 

使用建材の詳細はこちら
●奇跡の断熱材 セルロースファイバーエクセルシャノン 樹脂トリプルサッシ壁材 幻の漆喰
 
六適工法 無敵の家®に関するより詳細な仕様書や
資料の送付をご希望の方はお電話または、
お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。